アルピーノ村

「美味しさと幸せは一緒」手作りの美味しさと素敵な空間で豊かな時間を奏でます。

SEASON TOPICS季節のお知らせ

5月には5月のメニューを!

さわやかな5月の風が吹いてアルピーノ村は緑いっぱいです。味の味4月号復刻選にフランス文学者、料理研究家の山本直文先生の文章。たくさんの含蓄のある言葉。食にたずさわる者として思いをあらたに致しました。司倶楽部、高校生の頃母のお供をして赤坂のレストランで初めてのブイヤベース。華族の方の説明付きでした。ある時は年配で闊達。興味心いっぱいの斉藤輝子さんからスモークサーモンの美味しい食し方を教えていただいたり。楽しい美味しい想い出です。鎌田昭男シェフ達も山本直文先生の導きでフランス修業が始まったのです。先を読み若い人達に道を作り、それが繋ぐ今です。コロナ禍が収束した時、いったいどんな世の中になるのでしょうか。続けること。やめること。始めること。わからないことだらけですが、若い人たち、いっぱい勉強して下さいね。厨房のオーブンの口火が着火。今日の一日が始まります。

alpino's Roots

1969年4月25日、一軒家の欧風レストランとして産声をあげたアルピーノ。

10年後にフランス料理の専門店へと成長しました。
その時、パスタのリクエストに応えて<すぱげってえ屋さん>のちにイタリア料理イルクオーレがオープン。
当時お店で人気だった手作りケーキがきっかけで<お菓子やさん>が誕生し、美味しいフランスパンが焼けるようになりました。
そして、ごはん党のリクエストから<素敵屋さん>が登場。

たくさんのお客様に育てられ、現在のアルピーノ村になりました。これからも進化し続けます。
個性あふれるアルピーノ村へどうぞお越しください。