アルピーノ村

「美味しさと幸せは一緒」手作りの美味しさと素敵な空間で豊かな時間を奏でます。

SEASON TOPICS季節のお知らせ

8月には8月のメニューを!

来年は50周年、大きく育った4本のけやき、緑の風が吹き、やさしい日陰を作ります。アルピーノ村のふたつのギャラリー、平面と立体、若い作家もベテランの作家も。安定した美しさと、荒削りの冒険心いっぱいの若々しい作品。どちらも魅力があります。8月に同時開催の四国高知展。若い作家たちの作品と、高知ならではの豊かな食材の登場です。アルピーノ村に高知がやってきます。

フレンチ・アルピーノ入口の『芽吹き』という題の絵、古い建物の柱を額縁に仕立て、建物下の地面の土を使って一枚の絵に仕上げてくれました。想い出いっぱいの絵です。

レストランは高知に負けず8月「太陽のメニュー」でお待ちしています。結婚記念日お祝いの5歳と7歳のお子様連れのお客様、ムッシュが予約の時「いつもありがとう、これからもよろしく」のメッセージを頼まれました。デザートの時、それを読まれたマダムは、ていねいに、「こちらこそ、これからもよろしくお願いします」のご返答。ほほえましく、とても嬉しいシーンでした。レストランで豊かなひとときを!

alpino's Roots

1969年4月25日、一軒家の欧風レストランとして産声をあげたアルピーノ。

10年後にフランス料理の専門店へと成長しました。
その時、パスタのリクエストに応えて<すぱげってえ屋さん>のちにイタリア料理イルクオーレがオープン。
当時お店で人気だった手作りケーキがきっかけで<お菓子やさん>が誕生し、美味しいフランスパンが焼けるようになりました。
そして、ごはん党のリクエストから<素敵屋さん>が登場。

たくさんのお客様に育てられ、現在のアルピーノ村になりました。これからも進化し続けます。
個性あふれるアルピーノ村へどうぞお越しください。