アルピーノ村

「美味しさと幸せは一緒」手作りの美味しさと素敵な空間で豊かな時間を奏でます。

SEASON TOPICS季節のお知らせ

12月には12月のメニューを!

今年も4本の欅に黄白色のイルミネーションが輝き始めました。44年前に植込んだ欅、大きくなりました。お菓子やさん前の欅はツリーハウスの木となり子供達が元気よくかけ上がります。2本目は根元に丸葉車輪梅が芽をだし枝を伸ばし見事に今、ぐるりと欅を抱きかかえて優しい風情です。3本目と4本目には虹がかかりました。ツリーハウスと同じく秩父のダニーさん・かおるさん夫妻の力作です。ずいぶん前にアルピーノ村の上にかかった大きな虹が設計図です。どんどん変化が続くさいたま新都心、時代の進化を思いますが、大切にしたい緑の物語です。
フランス料理《アルピーノ》のフロント前のレンガの床にも、4本の欅をモチーフにした特別タイル(悦郎先生デザイン)がはめこまれています。緑とアート、そして優しく美味しい素材重視のお料理やお菓子たち。1年の締めくくりの刻、大切な方と良いひととき佳い時間お過ごしください。欅にも会って下さいね。

味の味 2019年11月号 掲載!

くぬぎ鱒の低温コンフィと埼玉県産小松菜、ほうれん草を使ったソース ベルデュレット

詳しくはこちらから

alpino's Roots

1969年4月25日、一軒家の欧風レストランとして産声をあげたアルピーノ。

10年後にフランス料理の専門店へと成長しました。
その時、パスタのリクエストに応えて<すぱげってえ屋さん>のちにイタリア料理イルクオーレがオープン。
当時お店で人気だった手作りケーキがきっかけで<お菓子やさん>が誕生し、美味しいフランスパンが焼けるようになりました。
そして、ごはん党のリクエストから<素敵屋さん>が登場。

たくさんのお客様に育てられ、現在のアルピーノ村になりました。これからも進化し続けます。
個性あふれるアルピーノ村へどうぞお越しください。